脇汗 原因 対処法

体で汗をかきやすい脇の原因や対処法

人間の体の中で、汗をかきやすいのが手と足、そして脇になります。
緊張すると手にびっしょりと汗をかくのと同様に、脇汗で服がびっしょりと濡れるという人も少なくありません。

 

夏に限らず年中、脇には汗をかきます。
体を動かしたりスポーツをする時や、緊張したりストレスを感じた時、脇汗をかくことが多いです。

 

服が汗で濡れて恥ずかしい、服に潮がついてしまう、そう悩んでいる人も多いでしょう。
場合によっては、脇汗で臭いを放つ方もいます。

 

脇汗の原因

 

そんな脇汗はなぜでるのでしょうか。
脇の皮膚には、汗をだす汗腺というものが集中してあります。
汗腺は、エクリン腺とアポクリン汗腺といった2種類に別れます。
これらが原因となって体の他の部位よりも汗がでてくるのです。

 

特に、脇にあるアポクリン汗腺は、脇の臭いや黄ばみの原因となります。
外出から帰って服を脱いだ時、悪臭を放ったり白いTシャツが黄ばむのもこのアポクリン汗腺によるものです。
酷い場合には、ワキガになるケースもあります。

 

 

脇汗の対処法

 

脇汗の対処法はどのようなものがあるのでしょうか。
一番有効的なのが、脇にある汗腺を取り除くこと。
美容外科などで、汗腺を取り除く手術などがありますが、これは多汗症やワキガなど重度の悩みを持つ方が選ばれます。

 

手術費用もかかるため、よほど悩まれている方しか行わないようです。
やはり汗腺を取り除く手術は、非常に大々的になってしまいます。

 

脇汗を抑えるのに一番簡単な対処法として、やはり制汗剤を使うことです。
今では薬局などで、様々な制汗スプレーや制汗剤など販売されています。
それらを使って、マメに脇汗をケアすることが簡単でしょう。

 

しかし、制汗剤を使うと脇の肌が黒ずむ恐れがあることを認識しておきましょう。
制汗剤に含まれる成分に酸化アルミニウムなどが挙げられ、これらは脇の皮膚を刺激して黒ずみの原因にもなりかねません。
特に女性にとっては、かなり気をつけたいところですね。

 

頻繁に脇に制汗剤を使うよりも、気になる時や、大切な場面で使うように心がけましょう。
脇汗の対処法とはしては、マメにケアすることが一番重要です。