食事 手汗

食生活の改善で手汗を予防

手汗を抑えるには、やはり外側からの改善が一番効果的です。
やはり手汗を抑える制汗剤が一番簡単な方法です。⇒ 手汗を簡単に抑える方法

 

しかし、それだけではなく内側からの改善も手汗を抑える為には効果的。
特に食事など食生活の改善は、とても簡単ですので日常生活に取り入れやすいです。

 

まずは、単純に発汗作用のある食事を避けることが大切。
食べ物を食べた時、汗がでる作用を味覚性発汗とよばれます。

 

わかりやすい例を挙げるならば、カレーを食べて額から汗をポタポタ垂れてくる人がいます。
カレーに含まれる香辛料などは発汗作用があるので、汗をかきやすいのです。

 

辛い食べ物や、脂っこい食事をした時汗をかきやすい人はそれらを避けましょう。
また食事で食べ過ぎたりすると、体内温度が上がる方もいます。
お腹いっぱいに食べたら汗をかきやすい人は、腹八分目くらいに抑えることが大切。

 

 

手汗を抑える効果的な食べもの

 

汗を抑える作用があるのが女性ホルモン。
女性ホルモンを活性化させる食べ物を摂取することで汗を抑えることができるといわれています。

 

女性ホルモンと同じような成分がイソフラボン。
イソフラボンには、大豆や納豆、豆腐などの豆類に多く含まれています。
今話題の豆乳なども、イソフラボンの成分がたくさん含まれており、美容にも優れています。

 

そういった豆類を食事で摂取することで、手汗を予防することにつながります。
納豆や豆腐は、日常の食生活に取り入れやすいですよね。
納豆ご飯を食べたり、食事後に豆乳を飲むことで簡単に摂取できます。

 

また、夏に旬を迎える野菜も効果的。
トマトやきゅうり、ナスなどは、体の余分な熱を逃がす働きがあります。
特に夏の暑い日に食べる野菜として有名ですが、暑さや汗から解放される働きがあるのです。

 

手汗で悩んでいるならば、そういった野菜や納豆、豆腐などを意識して食べましょう。
食べ物に関しての効果は人それぞれですので、汗をかかない食事を心がけることが大切です。