精神的 手汗

精神的なプレッシャーがあると酷くなる手汗

もう小さな頃足汗、手汗で悩むひとが多数おられます。
今回は、精神的なプレッシャーから手汗に悩まれる人の体験談について。

 

精神的要因からくる手汗体験談

 

小さな時は自分の手汗、足汗がどうだとか考えたことありませんでした。

 

初めて自分の手汗が多いことを認識したのは小学校にあがって初めての遠足の時。
1年生は6年生のお兄さん、お姉さんと手をつないで目的地に目指すのですが、途中でハンカチを手のひらの間に挟まれたんです。

 

たたんだハンカチ越しに手をつなぐ、という感じで。
手をつないだお姉さんは「ごめんね、手が汗でべたべたするから」って謝ったんですけど、
幼いながらに自分の手は汚いのかな、ベタベタして嫌な手なのかな、と恥ずかしく思いました。

 

それからはなんとなく、手のひらに意識がいくようになって、自分の手汗の多さに気付いたんです。
授業を受けている時置かれた左手の平の下のノートが汗のせいで波打ってしまったり、
教科書や本も同じような状態になってしまうことが多く、気を遣いました。

 

特に人と手をつながないといけない状況になるのが恐怖で、そういった状況になると、
「私手汗多いからベタベタするの、ごめんね」って謝ってました。

 

手汗と同様、足汗も多くて、靴を履いている時はわからないのですが、
畳の上やフローリングを歩くとミリミリ音がして、あー、足汗かいてるな、とわかります。
足跡がつくのも不潔っぽくて自分でも不快になりますし、蒸れからくる臭いも気になって、本当に辛いです。

 

手汗や足汗は精神的な発汗によるものが多い、と聞いたことがありますが、
確かに緊張した時などは普段より格段に汗をかいている意識があります。
社会人になるまで、試験、受験のたびに本当の意味で汗して勉強していたように記憶しています。
社会人になってからも仕事のプレッシャーを感じると、どっと発汗する感覚があります。
なんとか直したいと思って治療法をネットで検索してみても、これと言って有効なものはなく、手術しかなさそうです。
ただその手術も手足の汗を止める代わりに他の部位からの発汗が活発になるようで、根本的な解決策にはならないようです。

 

あまり気にしないのが一番なんでしょうね。
最近はねちょ手、ねちょ足(要するに手汗、足汗がひどい人)な人じゃないと嫌、というコアな友達ができて、
少しだけ気が楽になった私です。