妊娠 手汗

妊娠してから手汗がでる

妊娠してから手汗がでるようになったという妊婦さんは少なくありません。
手汗だけだけでなく、足汗や脇汗など全身からの発汗しやすくなります。
なぜ妊娠すると汗をかきやすくなるのか、その関係性を解説します。

 

妊婦さんはご存知かと思われますが、妊娠するとホルモンバランスが急激に変化します。
その影響は、体質や生活習慣にも現れます。

 

体質でいえば、お肌が荒れたり毛が抜けやすくなったりします。
生活習慣でいえば、今まで大好きだった食品が急に苦手になったり、眠気が多くなります。
このようにホルモンバランスの影響で、様々なことが変化していきます。

 

手汗もそのひとつです。
妊娠すると体の体温が上がり、高温期が続くようになります。
この影響によって体の汗をかきやすくなり手汗や足汗、脇汗がでやすくなります。
すべての妊婦さんが汗がでやすくなるという訳ではなく、個人差はあります。

 

また、妊娠週期が長くなってくると、赤ちゃんも大きくなってきますので重さも十分に感じることになります。
体重が増えるわけですから、徒歩やちょっとした運動でも息切れしたり汗をかきやすくなってしまいます。

 

妊婦さんは、できる限り体の負担のないように注意しましょう。
妊娠中の手汗は決して病気ではなく一時的な症状なのであまり気にする必要はないでしょう。

 

妊娠前から手汗をかきやすい方や、妊娠中であっても手汗を抑えたいならば、こちらの記事も合わせてお読み下さい。
手汗を抑える方法 | 簡単な対処法はコチラ